普通のサラリーマンの私が、不動産投資、アフィリエイトなどのお給料以外の副業でお金持ちを目指し、その方法をお伝えするサイトです。

金持ち父さんを目指す-お金と自由を手に入れる


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★購入時、取引時の注意点

通常の取引・売買で不動産を購入する場合、かならずプロの仲介業者を通して売買契約をすることになります。


仲介業者には、資格を有する者が、重要事項説明書の説明を義務付けています。


基本的にはむちゅなことができないようにはなっていますが、素人がこの重要事項説明書を説明されてもちんぷんかんぷんだと思います。ある程度不動産屋さんを信頼せざるをえません。


ただ、町の不動産屋のなかには、問題の多い業者さんも存在しますので、注意して下さい。


私自身が大手といわれる不動産仲介会社に務めておりますので、業界の内情を知りました。


大手に仲介を頼めば、まず心配はないと思います。大手は社内のコンプライアンス(法令遵守)が厳しく規定されていますので、いち営業マンがどうこうできるシステムではありません。


※大手とは、テレビコマーシャルでばんばん宣伝をしているからといって安心しないでください。私が言う大手とは、住○系列や三○のリハ○ス、東○リバ○ル、○菱系などのことです。



再建築が不可の物件をごまかして販売したり、道路関係があいまいなまま契約したりと、いまでも実際に行われています。



わかっていて購入するのであれば、問題ありませんが、よく理解しないまま、だまされて購入してしまうと、将来大変な目にあいます。注意して下さい。


私が売買契約書を作成するときに、一番注意する点は道路関係です。建築基準法上の道路に接道していなければ、再建築ができませんので、不動産の価値が半減します。


区分所有マンションの場合は、そんなに問題があることはありません。道路関係もすっきりしていることがほとんどですので、一戸建てや一棟ものマンション・アパートは注意深く重要事項説明書を読み理解して下さい。



今の私であれば、自分自身で市役所や法務局で調査し、判断できますが、一般の人がそれをするのは難しいと思います。



高い買い物ですので、自分自身の勉強ももちろん大切ですが、信頼できる仲介業者の営業マンを見つけることがより、重要になってきます。




金持ち父さんを目指す-お金と自由を手に入れるTOP

副業・兼業でお金持ち大家さんになる
めざせ、不動産投資で月々20万のキャッシュフロー
新米★サラリーマン大家さん日記(収益不動産投資術)
不動産競売物件を手に入れる
副業でアパート経営・マンション投資

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okanecash.blog77.fc2.com/tb.php/78-a6e1b135
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。