普通のサラリーマンの私が、不動産投資、アフィリエイトなどのお給料以外の副業でお金持ちを目指し、その方法をお伝えするサイトです。

金持ち父さんを目指す-お金と自由を手に入れる


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不動産投資をする上で面白いデータがあります。



全国の持家比率です。




都市部と地方では持ち家比率が変わります。


平成18年度のデータ 数値は世帯数です。

        総世帯数      持家世帯    その他の世帯   持家比率

全国    48,168,309      29,927,443     18,240,866     62.13%

東京都   5,625,960      2,665,109      2,960,851      47.37%

北海道   2,335,185      1,307,125      1,028,060      55.98%

山形県   381,487       287,727       93,760        75.42%

神奈川県  3,458,128      2,022,173      1,435,955      58.48%

富山県   363,763       287,618       76,145        79.07%

長野県   764,245       542,295       221,950       70.96%

愛知県   2,636,362      1,574,798      1,061,564      59.73%

大阪府   3,543,108      1,922,803      1,620,305      54.27%

奈良県   493,228       358,219       135,009       72.63%

広島県   1,107,830      687,854       419,976       62.09%

香川県   370,125       259,694       110,431       70.16%

福岡県   1,956,396      1,065,995      890,401       54.49%

佐賀県   282,226       197,788       84,438        70.08%

沖縄県   483,193       250,228       232,965       51.79%



全国地域を抜粋しましたが、都や府、県などの大きな世帯数でこれだけ持ち家の比率が違います。



大都市といわれる東京都、愛知県、大阪府、福岡県などが持ち家比率が低く、約半数が何らかの形で賃貸住宅に住んでいます。



沖縄県の持ち家比率が低いのはなにか訳があるのでしょうか、、、沖縄にゆかりのない私には理由はわかりせん。。。



県単位の大きな地域でこれだけ差がでます。地方都市になればなるほど持ち入れ比率が高くなり、富山県では80%近くもの高い比率で持ち家に住んでいます。



大都市のもう少し小さな地域で見てみると、



 世帯数    持家世帯     その他の世帯   持家比率

東京23区  3,936,625    1,802,545     2,134,080     45.79%

名古屋市  917,024    435,734      481,290      47.52%

大阪市   1,188,290   496,237      692,053      41.76%

広島市   467,793    247,431      220,362      52.89%

福岡市   620,466    238,417      382,049      38.43%


さらに持ち家比率は下がります。大都市部は持ち家比率が50%を下回るところがほとんどです。


やはり地価の高い地域は、自宅やマンションの購入するためのお金も必要で、通勤の便利さなどから賃貸住宅などを利用する人が多くなることがデータで立証されています。



地価の安い地方などは、特に若い世帯でも一戸建てなどの住宅が購入しやすいことと、親も持ち家を所有しその敷地に家を建てたり、相続に家を手に入れたりと都市部に比べ持ち家を所得できる可能性も高くなり、持ち家比率も高くなります。



この数値を見るだけでも、大家さんとしてどのエリアで大家さんをすべきかは明白です。



私自身、大阪府でも一番の繁華街である、大阪市北区に住んでいます。マンション経営も自宅近くの北区に2件と隣の区の淀川区に2件と、都市部を中心に購入しています。


立地の便利な都市部は賃貸の需要があり、需要の少ない地域に比べ有利に大家さん業を展開できます。


ただ、地方の中心都市は持ち家比率も低く、チャンスの多い市場です。



この日本の持ち家比率を見るだけで、大家さんとして成功するチャンスがまだまだあることを証明しています。


これだけ、地価が安くなり分譲マンションブームなどで若い世帯でも自宅を購入していますが、まだまだ賃貸の需要はあります。



新しく自宅を購入し、持ち家組に入る人がいる中で、自宅を手放さなくてはいけなくなる人もいます。


持ち家比率は地域ごとに変化するだけで同じ地域で急に持ち家比率が上がることは考えずらいです。


大家さんとして市場にはチャンスがまだまだ残っている証拠です。




金持ち父さんを目指す-お金と自由を手に入れるTOP

副業・兼業でお金持ち大家さんになる
めざせ、不動産投資で月々20万のキャッシュフロー
新米★サラリーマン大家さん日記(収益不動産投資術)
不動産競売物件を手に入れる
副業でアパート経営・マンション投資

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okanecash.blog77.fc2.com/tb.php/52-6d53b681
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。